CANADA

ワーホリ中にフィリピンシック…バンクーバーでフィリピンを感じられるお店を紹介!焼きたてパンデサルも食べれるよ!

私はフィリピンで3ヶ月の語学留学をした後に、バンクーバーで約一年間ワーキングホリデービザで働いていました!

カナダに着いて間もない頃は、土地勘もないし友達も少ない。。

どうしてもアウェイな気持ちになり、ホームシックならぬ「フィリピンシック」になりました。(ホームシックには1ミリもなりませんでしたw)

語学留学は「学校」という守られた空間で、同じ目標をもった友達ができて毎日楽しかったし、毎日フィリピン人にも笑わせてもらいました。ほぼ受け身の状態だからストレス無し。

でもワーキングホリデーは違いますよね。

始まりから終わりまで全てが自分次第。責任や緊張感があるせいか、フィリピンにいた時ほど笑ってない自分。

カナダ生活に慣れるまではちょっとストレスがありました。

そんな時私を癒してくれたのは、バンクーバーにあるフィリピン関係の色々なお店!

最初は気づかなかったのですが、さすが移民の国カナダ!

よーく聞けばタガログ語が沢山聞こえてきます。なので、その人たちが集うお店もあるわけなんです!!

ホームステイ先の家がフィリピン人の家庭というのも多いですしね!

フィリピン留学中「もう英語無理」ってなったらやるべきこと〜タガログ語話しちゃおうぜフィリピン留学中に英語が嫌にならないための工夫です。私はせっかくなのでタガログ語を少し教えてもらいました。日常会話から学んだタガログ語を紹介します。...

バンクーバーにあるオススメのフィリピン系スポット

フィリピン好きの私が一年間のバンクーバー生活で触れ会い、癒されたフィリピンスポットを教えちゃいます!

Aling Mary’s Filipino Store & Bakery/main St.

こちらはメインストリートにあるフィリピンベーカリー/食品屋さんです!

中に入るとパンデサルのいい匂いが充満していて、パンデサル好きな私としてはここはバンクーバーのオアシスですねw

フィリピン中にパンデサル食べてハマった人!ここにありますよ!

パンデサル 

とろこ狭しと積み上げられているパンデサル達。

持ちろん焼きたてを持って帰れますよ〜!

フワッフワです!もうたまらないです…!フィリピンの味〜!
ほぼ毎朝私の胃袋を支えてくれたこのお店のパンデサル、本当にオススメですよ!

6個入りと12個入りがあります。

6個で2ドルぐらい(2014年当時)。フィリピンに比べたら割高ですが、仕方ないです。ここはカナダです。

フィリピンは12コで30ペソ(70円ぐらい)だったからな。。

私は毎週休みの日にココを訪れて6個入りを買い、毎朝オーブンで温めて食べていました!

(だいたい帰り道に一個食べてしまいがちですがw)

パンデサルの他にもフィリピンの調味料やスナックがあったり

イートインで食べれるスペースもありました(食べてる人みた事ない..)

お客さんはほとんどフィリピン人!タガログ語が溢れるこの空間で、私は密かにエナジーチャージをしておりました。



レジのおばちゃん(当時)は不愛想ですがw仕事はカナリ手際よいです。

イケメンカナディアンにはめっちゃ愛想いいのになー(笑)

ちなみにこのお店の隣にフィリピン料理屋さんがあるのですが、滞在中行きそびれましたw

気になります!

※パンデサルは大きなスーパーにいけば袋入りで手に入ります。でも焼きたてを食べれるのは私の知る限りここだけ!




O! Taho/ Fraser St.

 タホ〜!

タホが恋しくなったらこちらへどうぞ。フレイザーストリートにありますよ。

一つ5ドルと、これまた割高なんですが量がフィリピンよりカナリ多いですw

フィリピンで食べるタホは150mlぐらいの小さなカップですが、カナダのタホは巨大!

倍以上はあるかな?なのでそれ一つでお腹いっぱいになります。おやつではなく主食になります。

5ドルは高いと感じますが、それなりの量が入ってます!

 

ちなみに、地図を見てもらえればわかると思いますが

このフレイザーストリートのタホ屋周辺は小さなフィリピンです(笑)

フィリピン料理屋とフィリピングロッサリーがギュッとなっています。

この後にも書きますが、バンクーバーには小さなフィリピンがいくつかあるんです!

PR【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

Sari-Sari Filipino Convenience Store/Joice St.

ジョイス駅を降りてすぐ、ジョイスストリートに

な、な、なんとサリサリが!

初めて見た時は目を疑いました。。それと同時に笑いました。

タビマキ
タビマキ
なんでバンクーバーにサリサリがwww

まさかカナダでサリサリに出会うとは思ってもいなかったですから。

お店の中はサリサリとはいえ、お菓子や調味料、雑誌などを扱うミニスーパーのような感じでした。

フィリピンのサリサリと比べると品揃え充実しまくりです。

そして、この店の隣にもフィリピンレストランがありますw

留学時代はバギオに「Barrio Fiesta」というレストランがあったので、ここにも親近感。。

タビマキ
タビマキ
名前が似てる!

ここJoyce駅周辺も小さなフィリピンです。

上記のお店に加え、グロッサリーもいくつかあります。私はそこでカラマンシーも手に入れることができました!

日本ではカラマンシーはなかなか手に入りませんが、バンクーバーなら手に入りますよ!




Joyce駅おすすめフィリピングロッサリー【Kay Market】

私は一時期こちらのグロッサリーにはまっていました。

カラマンシーが手に入るのも勿論ですが、ここは常にたくさんの人で賑わっていて
(カラマンシーはフレイザーのグロッサリーでも手に入りました。カラマンシーは日持ちがしないので置いていない時もあります。)

なんといってもレジに置いてあるテレビでフィリピンの番組が流れているからですw

バイスガンダの番組がよく流れていたなぁw

もうここはフィリピン!

グロッサリーで見かけたもの




移民国カナダ。フィリピンは意外とあなたのすぐ側に。

今では香港移民の方々が増えてきて「ホンクーバー」なんて呼ばれてしまう事もあるバンクーバー。

確かにココは本当にカナダかな?アジアかな?ってぐらいアジア人が多いです!

だからこそアジア料理や日本の調味料には不自由しないので、そういった面ではアジア人的には住みやすい街でもありますね。

そして、自分に余裕がでてくると見えてくるフィリピン人の多さ!そしてコミュニティが結構ある!

バンクーバーだけでなく、イエローナイフにもクアドラ島にもコミュニティはありました。

思っていたよりもバンクーバーでフィリピン人と出会う事は多かったです。

フィリピン人、中国人に負けてないですよ!

もっと全国に美味しいパンデサルやアドボが広まって受け入れられてほしい!

と、私は願っておりますよ!

これからワーホリ、留学に行く人へ。バンクーバーの危険地域、注意事項、あえてネガティブ情報だけ集めました。バンクーバーで体験したネガティブ情報です。ワーホリで嫌な思い、めんどくさい思いをしないために、あえてネガティブなことだけまとめました。...
RELATED POST