CANADA

カナダで日本人が大麻を使ったらどうなるの?〜カナダと大麻と日本人〜

2018年にカナダ全土で娯楽用大麻が解禁されました。

カナダにいる留学生やワーホリの日本人。
日本では違法だから合法のカナダで!といって大麻を興味本位で吸う人、多分いますよね。

ダメですよ!

実際のところ、解禁されて何が変わったというと特に大きな悪い変化はないようです。

タビマキ
タビマキ
まぁバンクーバーのダウンタウンはずっと大麻臭かったし、グレーだったのがハッキリしたって感じ?

むしろ...

・犯罪組織への資金源が断てる
・大麻の生産、流通、消費を国の規制下における
・非合法に販売していたお店は販売できなくなり、販売許可を持ったお店(オンライン含む)だけが販売できるようになった
・購入には年齢確認が必要になり、子供や未成年は手を出せなくなった。

と、良い点も。

だがしかし
最近は大麻の有害成分を含む製品の販売が開始される見込みとなったようです。

大麻は吸わなくても大麻の成分を含む製品だったらハードル低くて手にしがち...

最近在カナダ日本総領事館よりカナダにおける大麻製品の販売についての注意喚起が出たので早速見てみましょう。

※この記事は大麻の摂取を推奨するものではありません。
大麻が合法な国でも捕まるようなことはしてはいけませんよ。
以下の記事は私の個人的見解です。

カナダの大麻(マリファナ)事情【日本でやったら勿論犯罪です】カナダで2018年に合法化された娯楽用大麻についてのまとめです。合法化される前にカナダNい住んでいた事があるので、その時の事情も合わせて書いてあります。...

注意喚起 (カナダにおける大麻製品の販売について)

2018年に施行されました「カナダにおける大麻に関する法律」に関しまして,早ければ本年12月中旬より,新たに大麻の有害成分を含む製品(食品の形状をしたものや肌に塗るタイプのもの等)の販売が開始される見込みとなりました。

ついては,邦人の皆様に対し以下の注意点についてお知らせいたします。

  1. カナダでは,大麻(マリファナ)及び大麻の有害成分を含む製品(食品の形状をしたものや肌に塗るタイプのもの等)の所持・使用が合法化されています。
  2. 一方、日本では大麻取締法において,大麻及びその製品の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ,処罰の対象となっています。
  3. この規定は日本国内のみならず,海外において行われた場合であっても適用されることがあります。
  4. 在留邦人の皆様及び日本人旅行客の皆様におかれては,これら日本の法律を遵守の上,日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。
  5. 合法的な大麻の流通販売は,宣伝が禁止されるなど,カナダ政府によって厳しく規制されていることから,旅行者が容易に購入できる状況にはありませんが,非合法的な大麻の販売も依然として存在していますので,十分注意願います。

在カナダ日本総領事館HPより

有害成分とは?

そもそも注意喚起の中に書いてある有害成分とは何の事なのでしょうか?

調べてみたら厚生労働省のサイトにしっかり書いてありました。

大麻に含まれる有害成分、THC (テトラヒドロカンナビノール) は、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下等をもたらします。

日本で一般的に認識されている大麻の作用(ハイになる)はTHCです。
気持ちよくなるために吸ったらアウトなわけですな。

で、大麻の有効成分は2種類あるんですと。

植物としての大麻から採取できる「有効成分」には主に2種類ある。花穂や葉から抽出され幻覚作用や多幸感をもたらすテトラヒドロカンナビノール(THC)と、茎や種子に含まれるカンナビジオール(CBD)だ。後者が向精神作用がなく、主に医療用にのみ利用される成分である。

強力な抗酸化作用と、がんやてんかん、不眠症、慢性の痛みなどへの効果の報告を受けて日本でも利用者が増加している。

日本の大麻取締法には「(違法化の対象は)麻の茎および種子それら由来の製品は除外される」とあり、CBDオイルの利用は違法でない。だが現状としては流通している製品の9割以上が海外製品であり、内容や価格も様々だが、いずれも「いいお値段」な感は否めない。

DiamondOnlineより

タビマキ
タビマキ
CBD!なかなか良い仕事するじゃん!

なので、ハイになるやつはダメだけど、鎮静作用のあるオイルなどはオッケーってことですね?



大麻成分の入った食べ物とは?

マリファナクッキー

大麻の入ったお菓子などがカナダで存在していたのは知っています。

マリファナクッキーなんかは手作りしやすいのか知りませんが、手作りっぽいのがお祭りで売られていたのは見た事があります。

大麻チョコレート
大麻入りチョコレートってどんな食品?

マリファナクッキー、ブラウニー
マリファナ 大麻入りクッキー&ブラウニー食べた人を観察してみた結果

チョコレートもクッキーもブラウニーも身近なお菓子。
でも、間違えてウッカリ食べる...なんて事はないはず!買う時は「マリファナ入り」とか表示があるんじゃないかな?

食べ物に入っている大麻のほとんどはTHCといわれるハイになる成分だと思われます。
これは日本ではアウトなので万が一持って帰ったりしたら捕まります!

肌に塗るタイプのものとは...?

肌に塗るってなんだ...?

って、多分化粧品のことですかね!

大麻のCBD(カンナビジオール)の成分が入った化粧品は最近増えてきたようで、実は日本にもあります。

有害成分と言われているTHCの入った化粧品って検索してみたけどイマイチ見当たりません。THCの入った「肌に塗るタイプのもの」とは一体なんなのか...?

CBDだけではなく何か他の違法物質が混ざったものとかがあるんですかね?

そこらへんの記述がちょっと曖昧...

まぁ変なものには手を出さない方がよいのかな。。。

日本の法律ではCBD(医療につかわれるやつ)は合法でTHC(ハイになるやつ)配合のものは違法。表示をよく見てTHCと書かれているものはくれぐれも手を出さない方がよいですね。捕まりたくないし。

CBDはスキンケアとしてとても効果を発揮する

CBDはスキンケアとしてとても効果を発揮するようです。

ニキビなどの吹き出物、傷口の抗菌、乾癬、アトピーなどへの効果へ期待が高まっています。詳しくはコチラのサイトへ→OASISLEAF

だがしかし良質なCBD商品はお値段が高い!
ちょっと気になるから試してみよう〜とはいきませんね...↓

ボディーバター

 

リップクリーム

とりえずTHCには手をださないほうが良い

日本で禁止されているのはTHCの成分のはいった大麻なので、ハイになるための大麻の使用、それが入っている食べ物を口にするのはやめましょ。

一方、純粋なCBDが含まれる化粧品類はアウトではなさそうですが、注意が必要です。

これから大麻系コスメが増えてくるのと同時に、領事館の注意にあった「大麻の有害成分」を含むものが出てくる可能性があるということなので

買う時には要チェック!
非合法のような怪しいところでは買わない方がよさそうです。。

日本では、大麻吸う=ハイになる=ダメです逮捕 と、ザックリとしか教えてくれないです。「THCはダメだけどCBDは大丈夫です」とか、大麻と一括りにしないでもう少し詳しく教えて欲しい。何がどうダメなのか。

まぁ私は大して興味ないですがw

これからワーホリ、留学に行く人へ。バンクーバーの危険地域、注意事項、あえてネガティブ情報だけ集めました。バンクーバーで体験したネガティブ情報です。ワーホリで嫌な思い、めんどくさい思いをしないために、あえてネガティブなことだけまとめました。...
フォトブックで旅の思い出をまとめよう