ワーホリ

結婚して2ヶ月で旦那をおいてワーホリへ

先日、以下のツイートを見て、過去の「モヤッ」を思い出しました。

私の場合は「子供を置いて」ではなく「旦那を置いて(残して)」だし、状況も全然違うので決して同じでは無いんだけども、褒めるなら男女平等にほめてほしいし。

なんというか「世間の当たり前から外れたと思われる行動」をする人に対して「いちいちうるせーよ」という事を思い、このブログを書きました。

ワーホリ申請時の名字とパスポートの名字が違う場合はどーなるの?ワーホリ申請後に結婚し、名字が変わった場合の対処法です。ビザを無事に発給してもらうために色々問い合わせて事前準備しました。...
ワーホリ 節約
【貧乏ワーホリ賢く節約】時間もお金もビザも無駄なく使おう!スピーキング上達方法も!バンクーバーワーホリを経験した私なりのお金と時間の節約方法です!効率よく英語を話せるようになるには?お金はどこが削れるか?などなど、これから行かれる人の役に立てれば幸いです。...

 

結婚後に単身ワーホリへ

世の中いろんな考えの人がいますが、私は自分のやりたかったことをやっただけだぞ。

なぜ結婚してからワーホリへ行ったのか

そもそも当時の私には結婚願望もなければ、新婚生活キラキラ〜みたいな憧れもなかったです。

フィリピンの語学留学に行っている時から、その後カナダワーホリへ行くのは自分の中で決ました。なので、フィリピンから帰国後には手続きし、許可もおり、あとはカナダへ行くだけの状態でした。

 

その後なんやかんやあって、カナダに行く2ヶ月前に入籍をしたのですが、プロポーズされた時点で

 

「結婚してもいいけど、ワーホリは行くからね(キリッ)」

 

と念を押し、二人の中では了承済み。

この時点で二人の間では何の問題もなし。

 

なので、どうして結婚後に行ったのか?と聞かれても

「ワーホリのほうが最初から決まっていた」だけです。

 

スカイスキャナーでバンクーバー行きの航空券を探す

 

結婚後に単身ワーホリに行く私への世間の反応

⚫︎両家の両親

特になにもなし。

むしろうちの母親に関しては「人生楽しんでー」って感じ。

結婚前から私がワーホリへ行くのはわかっていたので「気をつけていってらっしゃい」って感じで特になにも言われなかったです。

 

⚫︎職場のお客さんたち(世論)

一番多く言われたのが

「よく旦那さん許したわねぇ〜!」

という一言。

別に二人で言い争いして私がワーホリを勝ち取ったわけでもないので「許してくれた」という表現がなんともモヤっとするのです。

 

「ワーホリのほうが先に決まってたんで」とよく返答していたのですが

「それにしてもぉ〜」

と世間のおばさまたちは旦那さんをたてたがる。

そもそも許してくれなければ私は結婚なんてしなかったんだよ。(結婚<ワーホリ)

一生に一度しかないカナダワーホリの権利を諦めてまで結婚したいなんて思ってない。

 

でも、もしかしておばさまたちの時代だったら「結婚するからワーホリを諦める」のが「普通」の選択だったのでしょうか。。

 

今の時代に感謝かな?

入籍後にワーホリ行くことに対して否定的なことは一言も言わず、気持ちよく送り出してくれた両家の両親と旦那さんには、とりあえず感謝です。

 




名字の変更でビザがめんどくさいことに

結婚すれば女性は名字が変わる方がほとんどではないでしょうか?

私もそのなかの一人。

 

銀行やらなんやらの名義変更にどんだけ時間を費やしたことか。この時は本当に「なんでこの国は夫婦別姓が認められないんだよ」と思いました。

 

「やらなくても良いことはしたくない」タイプの人間なのでこの件についてはイライラ。。

個人的には名字が変わることには賛成でも反対でもないですが、この名字変更手続きがクッッッッソ面倒くさいので、どーにかしてほしいです。

 

▶︎スカイスキャナーでバンクーバー行きの航空券を探して旦那を置いてワーホリへ?

ワーホリビザの名前とパスポートの名前が違う

パスポートの名義。変えるかどうか迷いました。結局私は気の早い女なので「いつかは変えなきゃいけないのでさっさとやってしまえ」ということで変更しました。

そこで気づいたのが

「あれ、ビザの許可おりたときの名字とパスポートの名字違うじゃん。。」

このまま行ってイミグレで「名字ちがうね、アウト!強制送還!」って言われたらどうしよう。。という一抹の不安が。

不安を解消するために様々な機関に問合せをしまくる事に....

 

私と同じような状況になった人っているんですかね?誰得情報なブログになりそうな予感(笑)

 

長くなるので続きは次回へ!

ワーホリ生活
【ワーホリ】バンクーバーを選んだ理由!ポジティブ、ネガティブポイントをまとめてみました!期間のかぎられたワーキングホリデー。私がなぜバンクーバーを選んだのか。これから行く人の参考になればち、良い面も悪い面もあわせて紹介します!...
フォトブックで旅の思い出をまとめよう